心が疲れている時に【心療内科はココロのお医者さん】

うつを自分で調べる

出来るチェック

自分はもしかしてうつ病かもしれないと、考える余裕があるのであればその人はうつ病ではないと良く言われています。しかしこの考えは合っているのか言えば断言は出来ません。何故なら人は皆異なる考えを持っているからです。上記の考えられればうつ病ではないというのは、あくまでも一部の人の意見です。うつ病ではないと思っていたのにうつ病だった人もいます。そしてうつ病かもしれないと不安感を持っていた人が、実際にうつ病であったという事もあります。したがって何事もそのまま鵜呑みにしてはならないという事です。少しでも怪しいと思ったのであれば、すぐに心療内科に掛かるべきです。うつ病の場合ですが、今ではインターネットなどでうつ病診断が出来るようになりました。数々のチェック項目を答えていくと、自分がうつ病であるか否かが分かります。実際に心療内科のヒアリングでも利用されている物となっていますが、それが自分でも試す事が可能となっているのです。ネットであれば簡単にチャレンジする事が可能ですので、少しうつ傾向があるかもしれないと思ったのであれば、名古屋の病院探しの前にまずはうつ病チェックをしてみましょう。

最終判断は医師

チェック項目は基本的に、日常生活に置ける様々な面での行動や考えについての設問になります。例えば最近疲れやすくなったのか、自分の人生について悲観的に考えるようになってしまったのかなどになります。それらに答えていくと、ただ疲れてうつ傾向な考えになっているだけなのか、それともうつ病の症状に発展してしまっているのかが分かるという事です。もちろんうつ病チェックが全ての判断基準ではありません。実際にうつ病の判断をするのは医師になります。あくまでも自分で行なううつ病チェックはお試しでありますので、何か思い当たったのであれば心療内科に赴くのが一番です。