心が疲れている時に【心療内科はココロのお医者さん】

どんな病気があるのか

どう違うのか

うつ病や統合失調症など、それらになった事が無くても名前が知られている心や精神の病があります。それらは基本的に精神科に掛かる事になりますが、うつ病に関しては心療内科でも取り扱われている病気になります。実は心療内科は近年発達した診察科目でもあり、医師も専門である心療内科医もいれば、元々は精神科の医師でありながら心療内科も見ている医師もいます。心療内科と精神科はそれ故に一緒ごたにされてしまいがちです。間違ってはいませんですが、根本的な所が違うのです。医療の素人でもある一般的の方は、精神科は「精神面が原因の病気を扱う科目」と認識しておくといいでしょう。うつ病も統合失調症も含まれます。そして心療内科は「ストレス(心因性)が原因の病気を扱う科目」とひとまずは認識しておけば、自分はどの科目に行くべきかが判断出来ます。もちろんこれはあくまでも認識でありますし、実際に心療内科と精神科の大きな違いははっきりしてはいません。認識を照らし合わせると、精神面の歪みや心因性双方が原因となって発症してしまいがちであるのがうつ病です。したがってうつ病はどちらを診察しても、それに適した治療が施されます。しかし身体的な負担が大きい場合は、内科も含まれている心療内科の方をまずは受診してみるべきです。

不安やストレス

心療内科にてうつ病以外に多い病気といえば、自律神経失調症です。交感神経と副交感神経と呼ばれる、通常はバランスを保って働いている神経が、ストレスなどが原因で乱れてしまい身体に不調が出て来てしまう病気です。酷い場合にはストレスが溜まり精神に刺激を与え、うつ病へと発展してしまいます。他にもパーソナリティ障害や社会不安障害など、どちらかというと不安やストレスが直接的な原因もしくは誘発する原因となり発症してしまう病気が、心療内科が中心になり診ている病気になるのです。したがって、もしも名古屋市内になるとある精神科に向かった時、その医師から一度心療内科の診察を進められる事もあります。その際はその言葉の通り一度心療内科に行ってみましょう。